ビタミンなどの働きを解説

それぞれのビタミンの効果をわかりやすく解説しました。
AやEと言った代表的なものから、知名度が少ない栄養素まで
詳細な情報を記載しています。
不足しがちな人は、食品や食べ物からの摂取を心がけてください。

栄養素の効果

栄養素は人が生きていく為に必ず必要な物なので、食べ物などで外から補給をしてあげないとダメなものです。

よく5大栄養素という言葉は耳にされると思います。5大栄養素とは『糖質(炭水化物)』・『脂質』・『タンパク質』・『ビタミン』・『ミネラル』の5つです。
代表的な栄養素について少し解説します。

ビタミンの役割と効果

ビタミンは、脂肪・炭水化物・タンパク質の代謝や、女性が気になるコラーゲンの生成、神経伝達物質の生成など、他にも様々な役割を果たしています。

現時点で、ビタミンは13種類が確認されています。各ビタミンの詳しい効果は、該当ページをご覧ください。

ビタミンE

抗酸化作用で有名なビタミンEですが、他にも、女性の更年期障害などにも有効だと言われています。

ビタミンA

目の健康に大きな役割絵を果たしている、ビタミンAは、胎児や幼児の成長にも重要な役割を持っています。

ベータカロチン(βカロテン)

プロビタミンとしての性質を持っているβカロテンは、にんじんなどの野菜に含まれており、抗酸化作用だけでなく、ビタミンAの効能をすべて持っています。

ビタミンB群

美肌や美容の栄養素として有名なビタミンBは、全部で8種類あり、それぞれが協力してすばらしい効果を発揮しています。

ビタミンB2

ダイエットに欠かせないビタミンB2は、脂質をエネルギーに変える事で、余分な脂肪がつきにくくしてくれます。

ビタミンB6

マグロなどの食べ物に含まれるビタミンB6は、つわりや月経前症候群など女性特有の症状の改善に特に効果を発揮します。

ビタミンB12

赤血球をつくり、貧血を助けるビタミンB12は、B群のひとつで、特に葉酸と関係の深い栄養素です。

ビタミンD

日光の栄養素として有名なビタミンDは、髪や肌のトラブルにも効果があるといわれています。

ビタミンC

抗酸化作用が有名なビタミンCは、風邪予防に効果的です。美容にも欠かせない栄養素として化粧品に使用されています。

葉酸

妊娠中は摂取する事を厚生労働省も勧めている葉酸は、動脈硬化の予防や、悪性貧血などにも有効です。

パントテン酸

肌のビタミンとして機能しているパントテン酸は、ニキビに有効だといわれています。他にも、抗ストレス作用などもあります。

ミネラルの役割と効果

ミネラルは、酵素の代謝(食物の消化、吸収、老廃物の排泄、エネルギー生産など)を助けています。ビタミンと違い、ミネラルは相互にバランスをとって働いていて、過剰症や欠乏症が起きやすくなっています。

また、必要量と過剰症になる量の差が比較的せまいミネラルが多いので、摂取には注意が必要です。各ミネラルの詳しい効果は、該当ページをご覧ください。

セレニウム

水銀などの有害ミネラルをデトックスしてくれるセレンは、マグロや貝といった魚介類に多く含まれます。

マグネシウム

ミネラルの王様とも言われる、マグネシウムは偏頭痛に効果的なことが知られています。他にもストレスの緩和などさまざまな効果を持っています。

亜鉛

味覚に深く関係している亜鉛は、牡蠣などの食べ物に多く含まれています。メッキや合金など工業的ですが、栄養素としも芝らしい効果を持っています。

その他栄養素の役割と効果

ビタミンやミネラルのほかにも私たちの体にとって重要な栄養素はたくさんあります。例えば、カテキンやコエンザイムQ10のように抗酸化作用で体を守ってくれるものや、ノコギリヤシのように発毛に効果があるハーブなどもあります。

有名なものからあまり知られていないものまで、紹介していますので参考にしてください。

ノコギリヤシ

男性ホルモンに関係する症状の改善に効果を発揮するノコギリヤシは、発毛や前立腺肥大症などに効果があると言われています。

イチョウ葉エキス

ハーブの一種であるイチョウ葉エキスは、血流改善に効果を発揮します。その効能で、脳を活性化したり、耳鳴りや冷え性にも効果的だといわれています。

セントジョーンズワート

うつや不安障害に効果があるセントジョーンズワートは、副作用や医薬品との相互作用があるため、摂取時には十分に注意が必要です。

カテキン

抗酸化作用や体脂肪の燃焼、高血圧の抑制など、カテキンには生活習慣病に有効なさまざまな効果があります。

イソフラボン

女性ホルモンのバランスを整える効果があるイソフラボンは、大豆などの豆類に多く含まれています。男性の抜け毛にも効果があるとして注目されています。

ヒアルロン酸

驚異的な保湿力で、美肌や関節痛に効果を発揮するヒアルロン酸は、目などの健康にも役立ち、私たちには欠かせない存在です。

コラーゲン

肌のはりを作ってくれるコラーゲンは、美肌には欠かせない栄養素です。血管を丈夫に保つにも効果があります。

グルコサミン

軟骨を再生するグルコサミンは、関節痛に効果的です。最近では、大手メーカーも販売しています。他にも美肌効果もあります。

コンドロイチン

関節痛をやわらげる効果があるコンドロイチンは、グルコサミンと共に働き効能を発揮します。

コエンザイムQ10

テレビなどで紹介され爆発的に人気が出たコエンザイムQ10は、他の抗酸化物質を再生させるので、抗酸化には欠かせない栄養素です。

DHA

不飽和脂肪酸の代表ともいえるDHAは、近年最も注目を集めている栄養素です。脳の活性化に役立ちます。

EPA

不飽和脂肪酸のひとつであるEPAは、DHA同じく魚に多く含まれ、その効果は花粉症やアトピーにも有効とされています。

アミノ酸

脂肪を燃焼させることで一躍有名になったアミノ酸はスポーツには欠かせない栄養素です。ダイエットにも有効とされています。

グリシン

高い睡眠効果を与えてくれるグリシンは、非必須アミノ酸のひとつです。美肌にも効果があるとされています。

核酸

あまり知られていない栄養素ですが、核酸には、がんの予防や花粉症の改善に役立つ効果があるとされています。

食物繊維

最近では、美容に欠かせない栄養素といわれ注目されている食物繊維は、2つの種類があります。

レシチン

脳や血液、肝臓の健康維持に不可欠なレシチンは、近年、様々な効果が注目され、サプリメントで大変人気を集めています。

アスタキサンチン

強力な抗酸化作用が注目を集めている、アスタキサンチンは、脳や美肌にもよい働きがあるとされています。

Lカルニチン

ダイエットサプリメントで人気のLカルニチンは、脳の働きや、疲労回復にも役立ちます。また、不妊の改善効果も期待されています。

レスベラトロール

NHKなどのテレビで放送され、爆発的に人気となったポリフェノールです。
レスベラトロールは、長寿遺伝子に働きかけ、アンチエイジング効果に期待出来ます。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.