フィンランドショックの説明

衝撃の結果を招いた、フィンランドショックの解説をしています。

世界を振るわせた、フィンランドショックとは?

1994年にフィンランドで大規模な栄養介入試験が行われました。
どういったものかというと、男性喫煙者2万9000人を、合成ベータカロチンを与えるグループとプラセボ(心理的な要因をなくす為に合成ベータカロチンに見せかけた偽薬)を与えるグループとに分けて、5〜8年間に肺ガンになる人を追跡したものです。
結果は、大半の予想をくつがえす衝撃的なものでした。

合成ベータカロチンを与えたグループの方が、プラセボのグループよりも肺ガンになる人が多かったのです。 また、その後アメリカでも同様の試験が行われて、同じ様な結果が出てしまったのです。
これらの臨床試験は結果的に肺ガン患者を人為的に生み出す事となり、倫理的問題から試験を途中で止めたほどです。
当然この結果は別の意味で世界中を驚かせ、フィンランドショックと呼ばれる様になったのです。

しかしながら、米国がん研究財団と世界がん研究基金が各国の500もの研究論文を基に作られた、「がん予防と食生活等の関連」では、野菜や果物を多く食べる人は、決定的に肺ガンになるリスクを減らすという事が書かれています。

これらの事から解るのが、ガン予防はベータカロチンだけが働いているのではなく、野菜や果物が持っている、アルファカロチンなどのカロチン群や様々な機能性成分が相互的に複合して働いていると言う事でした。
そして、喫煙者においては、合成的につくられたベータカロチンでは、ガン予防どころか逆にガンを誘発するということです。

以上の様な事から、喫煙者の方には合成ベーターカロチンはお勧めしないのです。
また、同様にダンナ様などが喫煙されていて、受動喫煙(他人の煙を吸うことで喫煙をしている状態になっている事)をしている方も避けた方が良いと思います。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.